長女と口蓋裂③『乳頭混乱』だった?助産師さんから伝授された直母の裏技

口蓋裂の長女まんじゅう娘は、生後3ヶ月位まで、乳首を咥えはするものの、母乳を吸おうとしなかった。つまり、直接の授乳、直母が出来ない状態だった。母乳が出過ぎて、乳腺炎になりやすい状態だった私は、当初産院で指導された通り、長女が空腹を訴えると
①授乳・直母トレーニング。とりあえず20分以上は乳首を咥えさせて様子を見る→長女は乳首を咥えはするも、吸わず、口から母乳が溢れ出る
②冷凍保存していた搾乳を解凍し温めて、哺乳瓶に入れて長女に飲ませる→哺乳瓶だとちゃんと飲む
③長女が満足して寝たら、搾乳器で搾乳し、冷凍保存する
④使った搾乳器の部品や哺乳瓶を洗ってミルトン消毒

以上を素直にやっていたのだが、時間は掛かるわ、疲れるわ…とにかく大変だった。なので、自身の心身の健康を一番に考えて、直母トレーニングは一時中断。もう、長女が空腹を訴える直前に、搾乳器で採れるだけ搾乳して、哺乳瓶に入れて与えるようにした。これだけで、ずいぶん楽になったのだ。

前回の記事はこちら
長女と口蓋裂②~直母(直接の授乳)はできないのか?直母トレーニングを頑張り、一度諦めた話

スポンサーリンク

近所の助産院から助産師さんを呼んでみる

そんな感じで、直母トレーニングのストレスから解消されていた我々母子。しかし、まだ「直母出来るようにならないかなー」とは思っていた。直母にこだわりがあった訳ではない。直母の方が愛情、情緒が云々という迷信は欠片も信じてないし。単純に搾乳器や哺乳瓶を洗うのが面倒臭かったからだ。あと、乳腺炎怖い(搾乳器だと乳腺炎になりやすいと、産院で散々脅されていた)。

ところで、私が住んでる自治体では出産すると「子育て応援券」なる子育て事業に使える金券がもらえる。一体、何に使えるのか、説明書きを読んでいたところ、ある言葉に目が行った。
「助産所のサービス・助産師の訪問」
助産所。妊娠中は特に頼るつもりは全くなくて、調べすらしなかった存在。よくよく見ると、応援券を使える助産所が家の近所にある。調べてみると「母乳育児の相談承ります」とのこと。
…そういえば、産院で沢山の助産師に相談をしていたものの、産院以外の場所で直母のことを相談したことは無かった。
何か新しい発見があるかも、暇だし…そう思い、早速助産所に電話。近い内に自宅に来てもらうことにしたのであった。

やって来た助産師さんは…

そして、助産所から助産師さんがやってきた。助産所を営む助産師さん…ということで、私は肝っ玉母ちゃん的な雰囲気の方を想像していたのだが、やってきた助産師さんは、小柄で華奢な40位の物静かな女性であった。なんというか、理知的。
とりあえず出生の経緯(早産でかつ低出生体重児であること)と、口蓋裂持ちなこと。そして、直母が全然出来ないこと…それらを一通り説明した。
助産師さんは話を聞き終えると「授乳してみせて下さい」と言った。
早速授乳して見せると、
「ああ、乳頭混乱ですね」
と聞き慣れない言葉を発した。

スポンサーリンク

乳頭混乱(ニップルコンフュージョン)とは?これが直母出来ない原因だった?

乳頭混乱!!
…って何!?
助産師さんは教えてくれた。
乳頭混乱とは、直母と哺乳瓶を併用しているとまれに起こる症状だという。英語で言うと、ニップルコンフュージョン。
要約すると、哺乳瓶の方が直母より吸いやすいので、直母を嫌がり、哺乳瓶でしか飲まなくなる状態を言うらしい。
…。
…まあ、そりゃあ人間楽な方に流れていくし、赤子だって同じだろう。おっぱい飲むのは確かに大変そうだし。そう考えると、乳首を前にやる気無さげだった長女の態度にも納得であった。

吸啜反射 (きゅうてつはんしゃ)を利用して直母で飲ませる

そして助産師さんは更に言った。
「吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)ってご存知ですか?」
これは知っていた。漫画『透明なゆりかご』で描いてあったから。吸啜反射とは赤子の原始反射の一つで、口に触れたものなら何でも吸い付いてくる反射的に吸い付いてくるというもの。作中で看護師見習いの主人公が赤子の口に指を入れて確認するシーンがある。

助産師さんは、長女まんじゅう娘の口に人差し指を入れて言った。
「…確かにまんじゅうちゃんは吸い付く力が弱いです。口蓋裂の影響かもしれませんね」
「…でも、直母出来ないほど弱い訳ではないです。だから、ほらっ」
助産師さんはそう言うと、長女の口から指を引き抜くと同時に頭を掴んで、いきなり私の胸に押し付け、乳首を咥えさせた。
私も長女も「!?」という感じだった。

そして、混乱したように目を白黒させながらも、しっかり乳首に吸い付く長女。
…初めて、母乳を吸われている感覚があった。

「はい、吸えてますね。」助産師さんは、やはり淡々とそう言うのであった。

スポンサーリンク

吸啜反射を利用した直母の裏技のコツと詳細

突然のことで動揺したものの、ちゃんとこの裏技?のコツと詳細を教えてもらった。
乳頭混乱を起こしていると、赤子は乳首を見てもやる気が起きず、咥えなかったり、咥えるポーズを取るだけで誤魔化したりするという。
なので、乳首を咥えさせる前に、赤子の口に人差し指を入れて、上下に動かす。すると赤子は吸啜反射を起こして、しばらく口の中にあるものに吸い付き続ける。
この動作の最中に、素早く指を引き抜き、乳首を咥えさせると、引き続き乳首を吸い続けるというのだ。

口蓋裂の子への授乳は縦抱きが良い?

「あと、まんじゅうちゃんは縦抱きの方が良いかも…」
そう言って助産師さんは私に縦抱きの授乳を教えてくれた。産院ではずっと横抱きだったので、縦抱きは初めて。私の太ももにまたがり、抱き着く様にして、おっぱいを吸う、長女まんじゅう娘。何というか、すごい、フィット感。
「あ、こっちの方が良いですね!」
私が感想を述べると、助産師さんは静かに笑った。

今となっては何故助産師さんが縦抱きを勧めたのか分からないが(単純に聞きそびれた)、後に、口唇裂・口蓋裂の子への授乳は縦抱きが良いとされていることを知った。口唇裂・口蓋裂の子どもを持つ親としては割と常識なことらしいが、その時は大学病院への紹介・受診がまだ受けていなかったので知らなかった…(言い訳)。

その場で反対側のおっぱいでも試したが、すんなり上手くいった。
上手く行きすぎてポカーンとしている私を残して、「では、何かあったらまた呼んでくださいね」と静かに助産師さんは去っていった。

スポンサーリンク

あっさり直母出来るようになった長女~必要なかった乳頭保護器

それから3日間ほど、長女はやはり乳頭混乱を起こしていたが、教わった通りに吸啜反射を起こしてから乳首を咥えさせると、しっかり直母で飲めた。そして、その後は乳首を見ても嫌がらず、何もせずとも普通に飲んでくれるようになった。そして、縦抱きだと長女自ら抱き着いて密着してくれる。姿勢的にも楽。
…なんだ、何なんだ、一発で、すっきりあっさり解決したぞ!
今までの苦労は何だったんだ!?
産院では「乳頭保護器を使った方が良いです!」と一部の助産師さんに熱烈に進められたので使っていたが、今回の助産院の助産師さんからは、
「たぬぼうさんは乳首の形に問題があるわけではないので必要ないです」とばっさり。結局その後、乳頭保護器を使うことはなかった。

まとめ~乳頭混乱が原因で直母に悩んでいる人にオススメしたい、この方法・裏技

直母が出来ない理由は人それぞれだろう。母乳があまり出ない、乳首の形が適していない…そういった場合は、マッサージ等でどうにかしていくしかないのだろう。一方で乳頭混乱が原因の場合は、『直母と哺乳瓶を交互に使って工夫する』『哺乳瓶を変える』とか『少しずつ時間を掛けて直母に慣らす』等が解決方法として挙げられている。実際、私は産院からそういった指導を受けた。哺乳瓶を変えたり、乳頭保護器を使ったり、時間をかけて直母トレーニングをしたり…。しかし、しんどい上に、あまり効果を実感できなかった。

個人的に吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)を利用したこの方法については、納得も出来たし、効果も感じられた。全員が全員、この方法で解決できるわけではないと思うが、乳頭混乱で悩んでいる人には是非とも試していただきたい。
そして、口蓋裂の子を持つ親には縦抱きを強く推したい。乳首と赤子の口のフィット感が全然違うのだ。

また、何かあった時に慣れ親しんだ一か所だけでなく、他の機関、人に相談することも大事だと実感した。思いもよらなかった発想や解決方法を伝授してもらえるかもしれない。

2件のコメント

  1. 初めまして
    3月28日に男の子を出産したら
    軟口蓋裂で
    乳頭混乱で狂い泣きされます…

    縦抱きいいんですね!
    フットボール抱きだと
    機嫌がいい時以外は吸ってくれなくて
    こっちが泣きそうだったので知れて良かったです!

    今はメデラの小の保護器を使ってるのですが
    いつか乳首から直接授乳が安定したらなぁて思います

    記事に書かれてることやってみようと思います
    ありがとうございます

    1. 満月ママさん

      コメントありがとうございます。
      少しでもお役に立てたら嬉しいです。
      まだ、新生児ちゃん・・・大変な時期ですよね。
      口唇口蓋裂と診断されても、分からないことも多いですし、
      色々と調べる時間も体力も気力も、なかなか持てないですよね。

      満月ママさんも決して無理しないで、心と体を休める様にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください