DWEについて④ファースト・ステップ(DFS)1、2について~参加の意味・効果は?

DWE父母子手帳

意識が低いなまけものであるにもかかわらず、双方英語コンプを抱えていたこともありDWEを購入し会員になった我々夫婦。今回はそんな我々がDWEの公式の説明会、ファーストステップ(DFS)1、2に参加した時の様子を記事にしていきます。

関連記事
DWEについて①~英語コンプ夫婦が、『ディズニーの英語システム』を購入するまで
DWEについて②『ディズニーの英語システム』を妊婦が胎教として使う~マタニティ会員について

スポンサーリンク

ファースト・ステップ(DFS)とは?~参加費無料の説明会

ファースト・ステップとは、両親のためのオリエンテーション・アフターサービスだ。DWE正規購入者を対象に、購入直後から使い始め時期、6ヶ月後、1年後、1年半後、2年半後…と時期に応じた教材の使い方を段階ごとにレクチャーしてくれる説明会である。

ファースト・ステップはSTEP1、STEP2、STEP3そして、特別講座1、特別講座2…全5回ある。参加費は全て無料だ。 STEP3まで参加すると、 DWE関連商品に使える1000円OFFの割引クーポンがもらえ、すべてのステップを制覇すると「DFS特製のディズニーマフラータオル」がもらえるという。

ファースト・ステップ(DFS) の注意点~予約制かつ、購入から3年以内

このファースト・ステップは予約制なので注意!!予約は公式サイトで行える。各会場ごとに『定員○組』と決められている。1家族につき、大人は1名か2名、子供は0~4人まで参加できる。

また、もう一つ注意したいのは、この全5回のファースト・ステップへの参加は期限があって、それは『購入してから3年以内』の間しか参加することが出来ない。前回の参加から3年…とかではないので気をつけよう。一応、各講習は半年ずつという前提で行われているようだが、うっかりしているとあっという間に3年経ってしまいそうだ。

スポンサーリンク

STEP1、 新宿会場へ!!手帳をもらう

我々が予約したのは、新宿にあるワールド・ファミリーのイングリッシュ・ラーニング・センター新宿。ビルの2階であった。(ちなみに2018年4月以降、こちらの会場は閉鎖され、新宿は現在、ワールド・ファミリー・スクエアという別の会場になっている。) こういった会場で、普段のDWEのイベントは行われている様だ。

DWEファースト・ステップ手帳
DWEファースト・ステップ手帳

会場に着くと『DWEファースト・ステップ手帳』なるものを渡される。1家族につき1冊。父母子手帳とのことだ。 全46ページで、ファースト・ステップの参加スタンプを押す欄が付いているほか、テレフォン・イングリッシュやCAP制度等の仕組みについて分かりやすい説明が書いてある。教材についているオリエンテーションのDVDやガイドブックがとっつきにくく感じている人には大変助かるだろう(自分もその一人)。

会場の雰囲気は?

ママ友作りの場に良い!という声もあるが、あまりそういう雰囲気でも無かった。というより、我々を含め、夫婦で来ている人が殆どで、互いに会釈しつつ、夫婦間でちょっとお喋りしつつ静かに待っている感じだった。たまたまかもしれないけれど。大体10組位だった。
しかし、ここにいる人達は皆、子供の英語教育のため、ぽんっと100万円近い金額を出した人たちなんだなー…と思うと眩しく見える。

スポンサーリンク

具体的に何をするの?

テンション高めのスタッフが改めて教材の使い方の説明、CAP制度の説明をしてくれる。また、日常生活にDWEや英語を定着させる工夫等についても教えてくれる。退屈しないように、所々でシングアロングやプレイアロングでお馴染みの『The ABC Song 』や『Clap Your Hands!』を皆で歌ったりする。皆、日本人らしく恥ずかしそうに戸惑いながらボソボソ歌っていて微笑ましかった(人のことは言えない)。親に連れられて来た2、3歳位の子どもはノリノリで歌いながら踊っていて楽しそうだ。
ただし内容については、特にここでしか聞けない…といったものではないので熱心に研究し、使い込んでいる家庭には今さら…なところがあるのではないだろうか。逆に我々夫婦の様に、いまひとつ仕組みが理解できていなかったり、意識が低かったり、やる気を失っている家庭が行った方がいいかもしれない。モチベーションを上げるのに効果はある。

STEP2については…残念ながら…

STEP2についても書きたかったのだが、残念なことに私は当日熱を出してしまい、夫と実母と長女の三人で出席した。参加した夫によると雰囲気はSTEP1と同じような感じでより詳しい教材の使い方の説明があったとのこと。やはり参加してそれなりにモチベーションは上がった様だった。

スポンサーリンク

まとめ~教材の仕組みがよく分かっていなかったり、やる気、モチベーションを失っている家庭こそ行くべき

ファーストステップの STEP1、STEP2では、正直ちょっと分かり辛い、複雑な教材の関係やCAP制度等について改めて丁寧に説明してもらえる。ただし、内容は事前にオリエンテーションDVDやガイドブックなどで学習することが可能な内容で、何か特別なプラスアルファの説明があるわけではないので、既に教材や仕組みを頭に叩き込んでいる研究熱心な家庭は行ったところで新しく得るものは無いだろう。どちらかというと、仕組みをいまひとつ理解できていない家庭や、モチベーションが低い家庭こそ行った方がいいかもしれない。
ただし、テンション高めのスタッフとシングアロングやプレイアロングの歌を歌ったりするので、ある程度の年齢の子どもは喜んでくれるだろう。そしてDWEに対するモチベーションを上げる効果は十分にあるので、参加する意味はあるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください