DWEについて③育児休暇中、0~1歳児に教え込んでみる

プレイアロングのおもちゃ達

前回の記事では、産前、マタニティ会員としてどのようにDWE、『ディズニーの英語システム』を利用したかを書いた。今回は産後、娘が0~1歳の時にどのように利用していったかを紹介したい。

前回の記事はこちら
DWEについて②『ディズニーの英語システム』を妊婦が胎教として使う~マタニティ会員について

スポンサーリンク

とりあえず、CDを流し、プレイアロング1に合わせて遊ぶ

本当だったら生まれて産院から自宅に連れ帰って即、CD等を聴かせたりするものなのかもしれないのだが、長女は早産、低出生体重児として生まれ、産後1ヶ月以上入院。退院後もバタバタしたため、DWEに落ち着いて取り組める様になったのは生後4ヶ月位経ってからだった。とりあえず、1日一回はプレイアロング1に合わせて、長女の目の前にぬいぐるみを出して動かしてみたり、体に触れたり、語りかけたりしていた。気が向いたらシングアロングのCDを流したりもした。
テレビについて、そこまで神経質になっていた訳ではないが、「まだ見ても分からないかも…」と思ったため、1歳目前になるまでは、DVDはあまり見せなかった。

あまり、反応がない…?

当たり前なのだが、最初のうちは反応がない。目の前でやって見せても、ぼんやりとした様子の娘。昼下がり、無反応の娘の前で、一人ハイテンションで、『Busy,Buzzing Bee』なんてやっていると、時折、「自分は一体何をやっているんだろう…アホちゃうんか?」と思ってしまうこともしばしば。
しかし、めげずにほぼ毎日やっていた。いつか、反応してくれるようになると信じて。

プレイアロング1で使用するおもちゃたち

スポンサーリンク

反応し、興味を持ってくれる様になったのは1歳手前

何度か心が折れそうになりつつも、ほぼ毎日、1日一回、プレイアロング1で遊ぶようにした結果、一歳手前頃には反応し、喜んでくれるようになった。我が家の長女、まんじゅう娘は低出生体重児だったこともあり、発達が遅いので、一般的にはもっと早く反応してくれるかもしれない。

『何かをやった』気にはなれる、達成感を得られる

個人的な話になるが、私は漫然と1日を過ごすのが非常に苦手で、何かした予定を入れて、『今日は◯◯をした』『××を進めた』等しないと落ち着かない。故に、娘の世話や家事等はあるものの、育休中も極力、何かをして達成感を得たかった。そのため、『1日一回、プレイアロングで遊ぶ』という習慣を作ったことは精神衛生上非常に良かったと考えている。

スポンサーリンク

まとめ

現在長女は2歳過ぎ。0歳の頃からプレイアロングで遊んだことがどの程度影響しているのか分からないが、今はプレイアロングが一番好きで、自らDVDを棚から持ってきて、流すように要求してくる。歌いながら遊びを真似るのだ。その様子を見ると、色々と疑問を持ちながらも、ちゃんと続けてきて良かったなー…と思うのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください