DWEについて②『ディズニーの英語システム』を妊婦が胎教として使う~マタニティ会員について

両親のためのテレフォンイングリッシュのテキスト

前回の記事では、DWE、『ディズニーの英語システム』を購入するまでの経緯を書いた。今回は妊娠中、どのように利用したかを書いていきたい。

前回の記事はこちら
DWEについて①~英語コンプ夫婦が、『ディズニーの英語システム』を購入するまで

スポンサーリンク

胎教として使ってみる~DVDやCDを見て聴いて

契約して一週間で大量の教材が届いた。沢山、DVDやCDがあるのだが、とりあえず予習も兼ねてプレイアロング1~3とシングアロングの1~3のCD、DVDを流すようにした。この辺りが乳児を対象とした教材だからである。きっと腹の子も聞き取りやすいだろう(本当に聞こえているのか分からないが)。

眠くなる曲~シングアロング3の『Ticktock』

プレイアロング1~3、シングアロング1~3は乳児向けなこともあり、英語が平易で聞き取りやすい。
寝る前に流していたのたが、その中でもシングアロング3の『Ticktock』が非常に聞いてて眠くなるのだ。
内容は時計が進んでいく様子が淡々と描かれ、『♪チックタック チックタック ゴーズザクロック ゴーズザクロック … 』と歌われ、ボーンと鐘がなる…これが計12回繰り返させるのだ。眠くなる。夫に至ってはこの曲の途中で絶対に寝るので、これより後の曲を聴くことはしばらくなかった位である。

スポンサーリンク

マタニティ会員は会費無料

ワールド・ファミリー・クラブの会員になるには会費を払う必要がある。会費は月額3,100円(税抜き)、ただし子供が何人いても、この額。
そして、出産前はマタニティ会員という扱いになり、会費が無料。少し得した気分になれる。なので、どうせなら出産前に購入・会員になって積極的にテレフォン・イングリッシュ(TE)等のサービスを使った方がお得なのだ。
ちなみに、第一子が生まれてから18ヶ月までの間は、ベイビー会員となり、月額1,200円(税抜き)である。

『ご両親のためのテレフォン・イングリッシュ(TE)』~親も英語のレッスンを受けられる

『テレフォン・イングリッシュ(TE)』という、週一で英語のレッスンを受けられるサービスがある。子どもが向けには年齢や趣味に合わせて選べる3種類6タイプのレッスン内容が用意されている。
それに加えて、上の子どもが2歳になるまでは、『ご両親のためのテレフォン・イングリッシュ』という親が受けられるレッスンがあるのだ。内容は、親が日常生活で乳児・幼児に語りかけるというものが主だ。
お腹すいた?ごちそうさまって言おうね、お休みなさいしましょうね…などである。

Telephone English for Mommy and Daddy のテキスト

全部で55種類あり、始める前に講師へ希望のレッスン番号を伝える。
レッスン内容は主に2パターンあり、親が一方的に語りかけるものと、親と子どもが会話するものがある(他の家族との会話を想定したものもある)。
後者の場合は、ネイティブの先生と役割を交代しながらレッスンするのだが、かなりハイテンションで幼児になりきってくるので注意。最初はビビる。というかどの講師もどのレッスンでも基本的にテンションが高い。こちらのテンションが低いと上げていくように求められるので気を付けよう。
あと、フリートークっぽく定型文から外れて普通に話しかけてくることもあるが、わりと親切な上、テキスト4ページ目に便利な表現が一通り載っているので安心して良い。

スポンサーリンク

注意!レッスンの曜日は予め決められている~テレフォン・イングリッシュ(TE)の曜日変更は可能か?

テレフォン・イングリッシュの曜日の説明

この週一のレッスン、会員番号の下一桁で曜日を決められている。自分では選べないのだ。
ただし、事情があってコールセンターに申請すれば変更出来るようである。(例えば他の習い事と被ってしまう等)。

ちなみに私は月曜日。最初は嫌だったが、他の曜日にしても平日であることは変わらないので今のところは別にいいか…と思っている。

TEが混み合う時間~繋がらない?夜は特に注意

このテレフォン・イングリッシュ、時間は14:30~21:20なのだが、20時以降になると混み始め、なかなか繋がらなくなる。
『ワールドファミリークラブのマークでぇす!ただいま電話が大変混み合っております!!』という、これまたハイテンションなアナウンスで待たされることになるのだ。
 働いていたりすると難しいかもしれないが、極力20時以降は避けた方が良い。また、開始すぐの14:30もすぐには繋がらないときがある。

スポンサーリンク

まとめ~少し、リスニング能力が上がった?

こんな感じで産前は胎教がてらCDとDVDを流し、仕事に復帰するまでは『ご両親のためのテレフォン・イングリッシュ』を利用し続けた。これを機に我が子へ英語の語りかけを熱心に…なんてことはない。
せいぜい、「change your diaper」(オムツ代えようね)位のものだ。
しかし、思い込みかもしれないが、少しリスニング能力が上がったような気がする。
そして、どの程度胎教の効果があったかは分からないが、現在2歳の娘はシングアロングやプレイアロングの曲が大好きである。
何かしらやったような達成感を得られ、また『ディズニーの英語システム』自体、早期に利用し始めた方が金銭的にもお得なので、DWEを始めるなら産前からマタニティ会員になることをオススメしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください