DWEについて①~英語コンプ夫婦が、『ディズニーの英語システム』を購入するまで

スポンサーリンク

何か胎教的なものをやりたい~DWEとの出会い

妊娠中、何か胎教的なものをしたいねー…と話し合っていた我々夫婦。とはいっても私は働いているのでそんなにガッツリと本格的な胎教をする感じではない。とりあえず、絵本を読んだりモーツァルトを聞いたりはしていたものの、何かもう少しないかな?と探してみた。
すると、今度は胎教段階から始められる、幼児教育教材が色々とあることを知った。その中で興味を持ったのが、DWE、ディズニーの英語システムである。

子どもには英語で苦労してほしくない~英語コンプレックス夫婦の願い

我々は夫婦揃って英語コンプレックスを持っている。私、たぬぼうは中高、英語の成績はかなり良かったものの、何故かリスニングだけはてんでダメだった。大学受験、センター試験で散々苦しめられた経験がある。
夫も聞き取れない、喋れない人で、仕事上で苦労しただけでなく、新婚旅行で行ったハワイでは、何故か行く先々で、ムキムキマッチョメンに誤解され、罵倒され、どやされるという憂き目に合っている。
…という訳で、我が子にはある程度聞き取れる、喋れる人になって欲しいという、『自分が出来なかったことを子に出来るようになって欲しい』という、典型的な願望を持っていた。

スポンサーリンク

無料サンプル申し込みから『わくわく英語体験』まで

このDWEは、即入会・購入は出来ない。
無料サンプル申し込み→電話で日時を決めて『わくわく英語体験』を予約するという手順を踏まなければ契約出来ない仕組みになっているのである。

無料サンプルについて~勧誘の有無について

とりあえず、迷ったら即サンプルを試そう。という訳で無料サンプルを請求。サンプルDVDでディズニーの英語システムのメソッドを知ることが出来る。CDで実際に使われている曲がどのようなものなのか聞ける。ここでメソッドに共感でき、教材のサンプルを気に入ったのならば、『わくわ英語体験』のアポを取れば良いのだ。そういう訳で、我々夫婦は「これ、いいかもね」と言い合い、さっそく『わくわく英語体験』を申し込んだのだ。こちらから申し込むまで、特に勧誘等は無かった。

『わくわく英語体験』について~家庭保育園との比較

体験というものの、要はアドバイザーさんが自宅にやってきて、システムや教材の説明をするというもの。所要時間は1~2時間ほど。実際に色々と持って来てくれるので、触って使ってみることができる。
我が家に来たアドバイザーさんは、子育てが一段落した位の中年女性。非常に感じが良く、押し付けがましさは無かった。
直前に家庭保育園の人がうちに来たのだが、押し付けがましく、雰囲気が怖かったため、なおさら好感を持てた。

気になる、値段・価格について~購入・入会を決意した決め手は

しかし、価格についてはホームページ等で公表はされていなくて、資料請求しても分からない。事前に知ることは出来ない。この『わくわく英語体験』で、初めてアドバイザーさんの口から説明されるのである。分かりやすくまとめた、価格表を持ってきてくれる。そして、価格表はその場で回収されてしまったので、貼ることは出来ないのだけど…。(他のブログで、価格表を回収されなかった方が価格表の画像を貼っているので、気になる方は探してみてください。)

結論から言うと、我々夫婦はフルセットの『ワールド・ファミリー・パッケージ』を一括購入。その場で契約した。値段は90万弱だった。

購入価格。883,440円である。

最低限のセットを買って、後から追加購入することも可能だが、そうすると割高になってしまう。
また、その場で購入を決めると、魅力的な特典(DVDプレイヤー等)が付くのだ。商売が上手い。そのため、購入・入会するか否かはその場で判断したかった。

我々は見苦しくも、アドバイザーさんの目の前で、ノートを開き、電卓を叩きながらしつこく計算をし、議論しあったのである。

DWE、ディズニーの英語システムの価格は高額か、お得か

90万は確かに高額だが、

  • 子どもを二人持つ予定であること
  • 1人あたり、0~10歳まで使うこと

の2点を前提に計算し、月額を割り出すと、習い事としてはそこまで割高ではないという結論に達した。
(別途会員費が月3,100円(税抜き)掛かるが、第二子以降は無料である)

ワールド・ファミリー・クラブ会員になり正規料金を支払うのと、中古でグッズだけ購入するのはどちらが良いか

はっきりいって、CD、DVD等のグッズだけなら、中古でいくらでも買える。結構な数がオークションサイト等で出品されている。しかし、会員になるメリットは多い。
教材、玩具等が破損した場合でも無料で修理・交換してもらえるし、会員しか参加出来ない楽しげなイベントが沢山ある。『テレフォン・イングリッシュ』という週一でネイティブの先生から英語のレッスンを受けられるサービスもある。これらの理由から、中古でグッズを購入するのではなく、ちゃんと正規料金で購入し、会員になる方が良いと判断した。

共働き家庭でも可能か

幼児教育教材を購入するに当たって、我々夫婦が重視したのは、『共働き家庭でも継続可能であるか』という点である。第一子の出産の際、私は当初から1歳4月まで育休を取る予定であったが、復帰後に出来なくなるようであったら意味が無いと考えていた。家庭保育園の方は、どう見ても教育熱心な専業主婦家庭をターゲットにしていたこともあり、御断りしたことがあった。
DWEの『わくわく英語体験』ではアドバイザーさんに、共働き家庭でどの様に教材を使っているのか、モデルケース等を丁寧に教えてもらえたため、ずぼらな自分でも大丈夫だと判断した。
そういう訳で、その場でフルセットを契約し、一括で支払ったのである。

スポンサーリンク

購入・入会した感想~後悔しているか否、効果はあったか

この高い買い物をした直後は身内に呆れられたりもしたし、物凄く熱心に使っているかというと、そうでもない。
しかし、後悔は全くしていない。
この記事を書いている現在、長女は2歳過ぎだが、DWEの教材が好きで、放っておくと、自分からDVDを持って来て、再生してくれとせがみ、まだまだ舌っ足らずなものの英語の歌を歌っている。自主的に単語カードで遊んだりもする。0~1歳児位まではあまり興味を示さず肝を冷やしたものだったが、杞憂に終わった。仕事復帰した後も、夕食後にDVDを見ながら娘とともに教材で遊ぶことも出来ている。現在、下の子を妊娠しているが、おそらく兄弟姉妹で教材を使って遊ぶことも可能だろう。

そのため、高い買い物であったが、購入・入会して良かったと考えている。

関連する記事はこちら
DWEについて②『ディズニーの英語システム』を妊婦が胎教として使う~マタニティ会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください