【ベビーブック2019年2月号:アンパンマンおふろでジュースやさんDX】を使った感想

アンパンマン お風呂でジュースやさん

スポンサーリンク

ベビーブック2月号を購入

夫から購入の提案

通勤中、夫から
「これ、まんじゅうちゃん好きそう!」
とLINEで送られてきたのが、ベビーブック2月号の付録「アンパンマンおふろでジュースやさんDX」についての記事。

お風呂に備え付けて、お湯を入れボタンを押すと、ドリンクバーの様にコップにジュース(に見立てたお湯)を注ぐことができる…というおもちゃ。これがベビーブック2月号の付録であるとのこと。

…まんじゅう、絶対に好きだ、これ。

お風呂、水遊びが大好きなまんじゅう娘

というのも、2歳のまんじゅう娘は昔からお風呂、水遊びが大大大好き。毎晩夫とお風呂に入ると、はしゃいでなかなか出てこなくなる。おもちゃを持ち込んだ日は尚更だ。
「喜びそう」と思うと同時に「ますます風呂から出なくなるんじゃ…」という思いも湧いてくる。
とはいえ、親としては愛娘の笑顔が見たいので、仕事帰りにベビーブック2月号を購入することに。

ベビーブック初購入

ベビーブックって初めて買った。普段「週刊文春」か「週刊新潮」しか雑誌を読まないので、なかなか新鮮な感じがする。対象年齢は1、2、3歳の知育絵本…とのこと。中身を軽く見ると、「こどもチャレンジぷち」で毎月送られてくるシール絵本の様な感じ。結構薄いんだな。でも、こどもが暇を潰すには良いかもしれない。

保育園から帰宅した娘、早速ベビーブック発見

ベビーブックと付録の箱をリビングに置いておいたところ、保育園から帰宅した娘は一瞬で発見。目を輝かせる。雑誌表紙のアンパンマンを見て、「ぱんまん!」と絶叫し、付録の箱を抱きしめて離さない。夕飯どころの騒ぎじゃなくなってしまった。とりあえず、なだめすかして夕食を取らせ、夫の帰宅を待ち、開封してみた。

いざ、開封・組み立て

組み立ての手間がない付録と作りに感動!

そして、肝心の付録。「組み立てなくちゃいけないのかなー、面倒くさい…」と内心思っていたのだが、ほぼ出来上がっている状態で入っていて感動!2つのカップは半分に別れたパーツを組み立てれば、しっかりお湯を溜められるカップになる。ジュースサーバー本体の後ろに吸盤をつけることで、お風呂場の壁にくっつけることができる。楽チンかつ、考えられた構造に感動した。

とりあえず設置。スムーズにカップを取り出せるよう、後にもう少し取り付け位置を上に

ちょっと脱線、たぬぼうの思い出

いやぁ、本当に雑誌の付録、進化してるんだなぁ。
婦人系の雑誌が付録にブランドものの小物やバッグ等を採用するようになってから久しいけど、こども向けの雑誌の付録もずいぶん質が良く豪華になったものだ。

30手前のたぬぼうが子どもの頃の子ども向け雑誌の付録は簡素で実用性が低かったし、応募プレゼントだって粗悪なものも少なくなかった。

小学生の頃、友人の一人が、某少女漫画雑誌の応募者全員プレゼントに応募した。雑誌上の紹介記事には、鮮やかな色の可愛らしい形をしたハンドバッグ。留め具の所に当時連載していた漫画のヒロインが小さく描かれていて、「オシャレなカバン!テンション上げてお出かけしよう!!」みたいな煽り文句が書いてあった。一目惚れした友人は即応募。しばらくして、それは無事に彼女の家に届いた。一緒にワクワクしながら包装を開封してみると…。

小学生の片手で収まるサイズのハンドバッグ(?)が出てきた。
能面の様な顔で「何入れれば良いと思う?」と尋ねる親友に、私は「消しゴムかな?」と返すしかなかった…。

・・・そんな苦い思い出が何故か蘇ってきた・・・。

実際に使ってみた娘の反応

話を戻して、娘の反応について書いていきたい。

勿論大喜び。お風呂は夫とともに入った娘。「うきょーっ」という、歓喜の悲鳴が風呂場の外まで響き渡る。
どこから出るんだその声。まあ、喜んでもらえて何よりである。

しかし、風呂上がり後は…

楽しく遊んでくれたのは結構。
しかし、案の定風呂から出たがらなくなった娘。普段から中々お風呂から出ない娘だが、夫が「蛍の光」を歌いながら、「閉店の時間でーす」とお湯を抜いたり片付けたりし始めると、素直に出るのだ。

しかし、今日はダメ。それでも出ようとしなかったようだ。
泣き叫ぶ娘をバスタオルでくるみながら、慌てて私の所に連れてくる夫。「んぎゃー!ぱんまーん!!」と号泣しながらアンパンマンに助けを求めている娘。オムツを履かせようにも地団駄踏み踏み、隙を見ては風呂場へ逃走しようとする。慌てて止めるとカーペットの上に転がりながら「ギエエエ」と絶叫。風呂上がりで保湿クリームがついた体で…やめてくれえ。

どうにかしてオムツ、下着、パジャマを着せたが、その後しばらくまんじゅう娘の不機嫌は続いた。

スポンサーリンク

まとめ、アンパンマンのおふろでジュースやさんDXの感想

組み立て不要でわりとしっかりした作り。お湯を注げばボタンを押すと、下から出てくる…というシンプルなオモチャだが、だからこそ、子どもは大喜び。
しかし、喜び過ぎて、風呂から出なくなる!…かも。

娘の100%の笑顔が見れたから購入したことに後悔は無いが、「魔のオモチャ」を手にしてしまったなぁ…という思いも否めないのである。

・・・明日は無事にお風呂から上がれるかしら(ため息)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください