田舎から小金持ちが着飾って~南青山児童相談所問題を考える

成金セレブ
昨日娘を保育園に迎えに行って、帰宅して一息つきながら見たニュース。
さらっと出てきたある発言にお茶を吹き出してしまった。
・・・南青山児童相談所問題についてのニュースである。
正直、「まだ反対派が騒いでるのかよ、うるせーな…」と思っているのだが。

南青山児童相談所問題

今さら過ぎるが、概要をさらっと説明すると、港区南青山にあった国有地(約1000坪超)を港区が購入し、児童相談所やDV避難施設を含んだ「子ども家庭総合支援センター」を建設しようとしているのに対して、周辺住民の一部が反対して大騒ぎしているというもの。
反対の理由は、色々と屁理屈捏ねてるけど、結局はお洒落な町にこの様な施設が出来たら、南青山のブランド価値が落ちる!気に食わない!…という、なんともお粗末なもの。
施設への誤解や偏見も甚だしく、どうもみすぼらしい親子や、触法少年が表参道に溢れかえるとでも思っているよう。確かに、貧困が虐待やDVに結び付きやすかったりはするけど、高所得層にも起こり得るし、普通に育児の相談や交流のために訪れる人も多いと思うんだけどな、支援施設。というか、利用するのはあなた方と同じ港区民なんですけどね…。
なんとも、醜いエセセレブ達だなぁ…と連日の放送を見て思っていたわけだけど、昨日の報道で出てきたある発言に度肝を抜かれてしまった。

お茶を吹き出した発言

昨日の報道では、区の説明会で紛糾する反対派の様子が報じられ、改めて反対派の主張が番組でまとめられていた。
まあ、「ランチが1600円の地域に相応しくない」だとか、「子供の教育環境を考えて、南青山に家を買ったのに」等々、聞き飽きた主張ばかりだったのだけど、そこで一緒に出てきたのが
「休日には田舎から小金持ちが着飾って来るので、そんな所に施設の利用者が来たらみじめな思いをするのではないか」
という発言。
衝撃的過ぎてお茶を吹き出した。本当に。だって
「田舎から小金持ちが着飾って」
「田舎から小金持ちが着飾って」
この前半の部分。正直、ここのインパクトが凄すぎて、後半はうろ覚えですもん。

この発言を検証する。

スポンサーリンク

田舎から

まず、この「田舎から」について考えたい。田舎という言葉は、使用者が自身の郷里を指して使う場合を除くと、侮蔑的な意味合いが出てくる言葉だ。他人の住んでるところ、特に不特定多数の人の住みかを指して、「田舎」なんて普通は言わない。失礼だから。地方から」とか「他所から」「よそから」とか他にいくらでも言葉がある中で、真っ先にこの言葉が出てくるのが恐ろしい。
大体、確かに地方から来る人もそれなりにいるだろうが、はっきり言って表参道は観光地というより、買い物や食事を楽しむ場所だろう。休日、表参道に遊びに来る人の大半はそう離れていない都心部やアクセスしやすい首都圏に住んでる人達だと思う。
にも関わらず、「田舎」という表現が出てくるのは、普段から「南青山」以外を「田舎」と見下しているからだと思う。

小金持ち

次に「小金持ち」。多少のまとまった資産を持ってる人・・・という意味。多少の。これも結構嫌な言い方である。「裕福な人」「余裕がある人」、いや、普通に「金持ち」でいいじゃない。そこであえて「小金持ち」という言葉を使うところに、「多少金は持ってるかもしれないが、自分達と違って真のセレブ・金持ちとは言えない」という考えが透けて見えるのだ。
いや、お前に何が分かるんだ。南青山以外に住んでる金持ちなんでごまんといるよ…。

スポンサーリンク

着飾って

そして、とどめの「着飾って」である。「お洒落して」ならまた少し印象が違うだろうが、「着飾って」…。上の言葉達と合わせると、「ちょっと金がある田舎者が着飾って背伸びをしてやってくるような街なんだぞ!南青山は!」と言いたいのだろう。
児童相談所への偏見以前に、普段から遊びにやってくる人達のことも、相当見下していたのだろうな…ということがありありと伝わってくる。
元々、児童相談所を巡る数々の発言からも、他所を見下しているのは明白だった(田町に作ればいいじゃない…とか)。しかし、今回のこの発言は、今までのどの発言よりも、無意識の選民思想が強烈に押し出されていて、本当に驚いたのだ。

無意識の選民思想、発言からにじみ出る恐怖

きっと、この発言をした人が強く主張したいのは、後半の「センターを訪れた人々が、みじめな思いをするのではないだろうか」ということで、前半は前置きとして、深いことを考えないで言ったのだと思う。無意識に出た言葉。でも、だからこそ言葉って本当に怖い。
もしこれが、「休日には他所からも余裕のある人達がお洒落してやってくる街」という言い方だったら、至って普通ですんなり受け入れられたと思う。
しかし、「休日に田舎から小金持ちが着飾ってやってくる街」である。報道番組でこの発言聞いて、カチンと来た人は少なくないのでは?だってこれは南青山以外の人々全てに向けられた見下し発言なのだから。
まあ、そうは言っても人は誰しもプライドだったり、自惚れを持っているもので、それ自体は仕方がないことだと思う。私自身、生まれも育ちも23区で(南青山の人から見たら田舎ですけどね!)、自覚していないプライド、自惚れはきっと持っているだろう。
しかし、こう言う選民意識丸出しの発言が無意識に飛び出してしまうのは本当に恐ろしいし、恥ずかしいことだと考える。ある程度の謙虚さは大事だと思う。
何はともあれ、一連の騒動で南青山のブランドイメージを下げているのは、他でもない反対派のこういった数々の発言でしょう。
報道を見ると、本当になんとも言えない気分になるので、解決することを祈るばかりである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください